\Twitterはこちら/ \最新記事はこちら/

オリジナルの404ページを用意しよう!参考サイトを用いて必要性を解説

マーケティング
まず初めに
自身が運営しているサイトでオリジナルの404ページを用意していない人向けの記事です。用意する必要性を解説します。
タケさん
タケさん

せっかく来てくれたユーザーのために親切な設計にしよう!

こんにちは。Webディレクターのタケです。

今回は「オリジナルの404ページを用意しよう」というテーマで解説していきます。

念のため404ページってなにそれ?
という方のためにちょっと解説いたします。

\404ページとは/
サイトにアクセスする際、URLに誤りがある時やページが存在しない場合に表示されるエラーページのことです♪
見たことある!

では何故404ページを用意する必要性があるのか解説していきます。

それではどうぞ

404ページの必要性を解説

404ページの必要性を解説
必要性を解説する前に、まず404ページが表示されるシチュエーションを考えてみましょう。

探し物をしているときに目ぼしいものを見つけクリックしたのにページが表示されなかった

大抵こういうシチュエーションだと思います。
メルマガに書いてあるURLやバナーなど気になるものをクリックしたのにページが表示されない。

ユーザーからしたらガッカリですよね。
クリックしたらこんなのが出てくるんですから
404エラーページ
※一般的な404のエラー表示

このあとのユーザーのアクションは容易に想像できますよね。

ユーザーはそのサイトから離れてしまい、運営側は集客のチャンスを逃してしまいます。

もしかしたら帰ってしまったユーザーが何かを購入してくれたかもしれないのに、、、いわゆる機会損失ですね。

その機会損失を出来るだけ抑えるために

ユーザーがサイトから離れないような404ページが必要なんです

参考サイトと当ブログの404ページを参考に解説していきます。

必要性は伝わったかな?
せっかく来てくれたのに何も得られず帰らせちゃうのは失礼だし勿体ないよね!
ユーザーに親切な設計をめざそう!

404ページ作成の際に抑えておきたいポイント

404ページ作成の際に抑えておきたいポイント
まず当ブログの404ページです。

https://takelog.org/test_page/

下のように表示されます。
タケログの404エラーページ

404ページを設定されている人の中には強制的にそのサイトのTOPページに転送させる処理をしている人も中にはいますが、

個人的にはここを抑えて404ページを設定してほしいです。

抑えてほしいポイント

・URLの誤入力の可能性を伝える
・見たかったページを探せる案内
・何かしらの変更がありページが既に存在していない可能性を伝える

ここを抑えて用意しましょう。

URLの誤入力が原因であれば、入力をし直して再度アクセスしてくれる可能性もありますし、サイト内の案内を載せることでユーザー自身がサイト内からページを探してくれる可能性もあります。

そういった集客の改善に繋がるほか、404ページを利用して面白い表現を行っているサイトも沢山あるので是非サイトに合った設定を行いましょう。

素敵なデザインからユニークな仕掛けまで、404ページのデザインショーケース 30 | NxWorld
デザインが素敵だったり見せ方が面白いなと思った404ページ(エラーページ)のデザインショーケースです。

ちなみに当ブログはwebクリエイターボックス様を参考にしております。

https://www.webcreatorbox.com/test
404ページを用意しよう!
当ブログと同じCocoonを使用している人はこちらで簡単な作り方を解説しています♪
サクッと用意しよう♪

最後に:来てくれた人に親切な設計を目指しましょう

最後に:来てくれた人に親切な設計を目指しましょう
404ページを用意することでユーザーの離脱を抑えることが可能です。

キチンと用意していないクライアントも多いのでクライアントに404ページを用意する有用性を提案してみてはいかがでしょうか。

また自身がサイトの運営者であるならサイトに合わせたユーザーに親切な404ページを用意しましょう。

通りやすい提案書とは?現役Webディレクターが解説します
Webディレクターの私が通りやすい提案書の作成方法を解説します。提案書を用意する際に何となく作成している人っていませんか?きちんと明確な意思をもって作成するとかなり提案が通りやすくなりますしその後の仕事がスムーズになります。今回はそんな通りやすい提案書に関して解説いたしますので宜しくお願い致します。
ABテストは無駄?データが少ないサイトのABテストはやめましょう
データが少ないサイトのABテストはやめましょう。いたずらにABテストをやりがちな人が多いですがアクセスの少ないサイトのABテストははっきり言って無駄です。アクセスの少ないサイトのABテストが無駄な理由を現役のWebディレクターが解説します。
マーケティングの手法・思考法について
現役のWebディレクターがマーケティングの手法や思考法を解説します。マーケティングに関して興味がある人は是非読んでいただきたいです。
タケさん
タケさん

用意しないのは勿体ない!

是非用意しましょう!

Webディレクターを目指すロードマップ
Webディレクター
タケ@Webディレクター

高校を卒業しマックで5年間バイト、約6年付き合った彼女にフラれ就職を決意しWeb業界に入る。
未経験特有のツラさみじめさを味わいつつも何とかスキルを吸収し生き残る。

Webディレクターやweb業界に関する情報を発信中!

タケ@Webディレクターをフォローする
マーケティング
タケ@Webディレクターをフォローする
タケログ
タイトルとURLをコピーしました