\給与明細公開中/ \最新記事はこちら/

むかつくクライアントとの仕事の仕方【折り合いをつけよう】

Web業界での日々
まず初めに
むかつくクライアントとの仕事の仕方を解説します。クライアントとケンカ別れになるのはお互い嫌な思いをするだけなので回避しましょう。
タケさん
タケさん

客観的に判断して何事も折り合いをつけることが大切です

こんにちは。Webディレクターのタケです。

今回は「むかつくクライアントとの仕事の仕方」を解説していきます。

まず初めに少しキツイ言い方をしますが、前提として自身が経営者でもないただのサラリーマン程度がクライアントとケンカ別れするなんて論外です。

どれだけ腹の立つクライアントだったとしてもお金を貰っている以上は折り合いが付けられるよう努力しましょう

もちろん本当に頭のおかしいクライアントだったら決裁権を持っている人の許可を得てからケンカ別れをしてもいいいと思います。

※毎日Twitterで仕事の考え方など発信中です

Twitter

今回の記事に出てくるむかつくクライアントというのは無茶な注文をしてくるクライアントとします。

では解説していきます

それではどうぞ

むかつくクライアントとの仕事の仕方:折り合いをつける努力をする

むかつくクライアントとの仕事の仕方:折り合いをつける努力をする
クライアントから無茶な注文をされたことがありますか?私の場合は

休日に対応して、夜中3時にアップして、無料でやって、などなどいろいろありましたね

残念ながら、このようにちょっと無茶な注文を行ってくるクライアントが世の中にはいます。そんなクライアントと仕事をする際は下記を意識してみましょう。

出来ないことは出来ないと伝える。ただし妥協案を出す

出来ないことは出来ないとハッキリ伝えましょう。ただ伝える際はキチンと出来ない理由と妥協案を添えることを意識しましょう。

休日に対応して

大変恐れ入りますが営業日ではないため対応することが出来ません。なので問題がなければ休業日明け最優先で対応させていただきたいと思います。そちらでいかがでしょうか

もしかしたら融通が利かないようにも思われるかもしれませんが会社員が会社として決まっていることを捻じ曲げてまで対応する必要がある仕事なんてごく僅かです。

わかりました!対応します!

なんていう優しさは止めておきましょう。今後の要望を増長させる要因になり、その対応方法が当たり前になる恐れがあるので出来ないことは無理に受け付ける必要はありません。

ただ、無理!とだけ伝えてしまうと反発されたと受け取る人がいるので断る際は妥協案を出すようにしましょう。

それでも折り合いがつかなかったら?
お折り合いがつかない場合は自分より役職が上の人間に指示を仰ぎましょう。自分だけの判断で勝手に会社のルールを曲げて仕事をしてしまうと会社に迷惑がかかってしまいます。
自己判断はNG

むかつくクライアントとの仕事の仕方:常に発言に気をつける

むかつくクライアントとの仕事の仕方:常に発言に気をつけるクライアントによってはあなたの発言に対して揚げ足を取るように

あれ?以前こう言ってたよね?ということはやってくれるんだよね。お願いね

という注文をして来る人もいます。ついつい相手から良い印象を持たれたい欲が出てしまって何でもかんでも何とかします!大丈夫です!って言っちゃう人っていませんか?

やれなかった時の責任が取れて、やれるよう最大限行動できる人ならいいと思いますが殆どの人は違いますよね。

なので約束が出来ないことに関してはむやみやたらにアピールしないようにしましょう。
もしそれでもアピールしたい場合は

出来るとは思いますし出来るように行動します。ただ申し訳ないのですが約束は出来ません。何故なら○○○だから

というように自分を守るためにも保証できない理由をキチンと伝えましょう。

webの仕事に携わっている人なら共感してくれると思いますが、検索順位で1位を取る約束なんて出来ないですよね。

仮に莫大な資金があって、有能な人材を確保していたとしてもGoogleのアルゴリズムによって毎日変動する順位を保証するなんて出来ないはずです。

なので上位は取れると思います。ただGoogleの〜があるため保証できません。というように必ず失敗した時に自分を守れるようにしておきましょう。

もし過去発言した内容の揚げ足を取られ、それが原因で無理な注文が来てしまった場合は誤解を与えたあなたに責任があります。
発言に誤りを認め素直に謝罪しましょう。

無理な注文の要因を作らない
もしかしたら、あなたの発言が相手に誤解を与えてしまっているかもしれません。出来ることと出来ないことの線引き明確にしましょう
何でもかんでも約束するのはNG

最後に:それでもむかつくなら

最後に:それでもむかつくなら
そんなこといってもやっぱり我慢できない。むかつく。という人もいると思います。

その時は素直に諦めましょう。無理です。きっと相手も同じことを考えていると思います

会社の許可を取り、違う部署に行くという嘘の理由をクライアントへ言うなりして他の担当者に仕事を引き継がせましょう。

もし、どうしても引き継がせ先がいない場合はクライアントの対応方法を変えてみるといいと思います。

作業自体は引き続き行うけどメールを出すときだけ他の人にお願いをする。打ち合わせの際に同席してもらう人を増やす。など対応方法に変化をつけることをオススメします。

もしかしたらそれがきっかけでクライアントに対する印象が変わるかもしれませんし、クライアントが無茶な注文をしてくる原因も分かるかもしれません

最初に書いたようにただのサラリーマン程度がクライアントとケンカ別れするなんて論外です。
キチンとやれることをやって、それでもダメだった時は必ず会社と相談して許可を取って行動しましょう。

有能なWebディレクターとは?特徴まとめてみました
有能なWebディレクターの特徴をまとめてみました。課題解決までの手順を逆算することが可能で何かトラブルが発生した際に適切な対応が取れる人は有能なWebディレクターです。現役のWebディレクターが有能なWebディレクターの特徴を解説します。
Webディレクターの私がクライアントから好かれるために実践したテクニックとは
Webディレクターの私がクライアントに好かれるために実践したテクニックを解説します。テクニックというと少し打算的に見えて肌に合わない人がいるかと思いますが、クライアントに気に入られないと仕事も増えないし売り上げもあがりません。積極的に行動しましょう。
私が気をつけているクライアントへの接し方
クライアントと接するときに気を付けていることを解説します。現役のWebディレクターが実際の仕事の内容や働き方、給料に関して解説しています。高卒から未経験でWebディレクターになったリアルな情報を公開中です。
タケさん
タケさん

ケンカ別れしていいのは責任が取れる人だけ!

Webディレクターを目指すロードマップ
Webディレクター
タケ@Webディレクター

高校を卒業しマックで5年間バイト、約6年付き合った彼女にフラれ就職を決意しWeb業界に入る。
未経験特有のツラさみじめさを味わいつつも何とかスキルを吸収し生き残る。

Webディレクターやweb業界に関する情報を発信中!

タケ@Webディレクターをフォローする
Web業界での日々
タケ@Webディレクターをフォローする
タケログ
タイトルとURLをコピーしました