\給与明細公開中/ \最新記事はこちら/

有能なWebディレクターとは?特徴まとめてみました

Webディレクター
まず初めに
課題を解決までの手順を逆算することが可能でトラブルが発生した際に適切な対応が取れる人は有能なWebディレクターです
ネズミくん
ネズミくん

めざせ!有能なWebディレクター!

こんにちは。Webディレクターのタケです。

今回は「有能なWebディレクターの特徴」を解説していきます。

広く深い見識や高い技術力を持っている人が有能なのは当たり前なので今回はそこを抜きにして有能だと思える人を解説します。

それではどうぞ

有能なWebディレクターの特徴:課題解決までの逆算が出来る

有能なWebディレクターの特徴:課題解決までの逆算が出来る
課題を解決するためにゴールから逆算する考え方が出来る人はWebディレクターに限らず有能です。

この逆算がどんな考え方かというと

たとえば、とあるお店で1ヵ月で100万円の売り上げを出すという課題があったとします。

逆算ができない人はただやみくもに売ることに注力してしまいます。
しかし、逆算して考えることが出来る人は

課題:1ヵ月で100万円の売上

1日3.3万円の売上を出せばいい

そのために必要な1日の客数は?

客数を増やす方法は?

営業時間と営業日数を増やすか?

という風に課題解決までを逆算し道筋を立てることができます。

この考え方はweb制作においても必要で
特にスケジュールを組むときに必要な考え方です。

先に出した簡単な例と同じように

課題:1ヵ月後にLP納品

営業日数で考えた場合、実質21日間しかない

クライアントに確認してもらう時間を含めると実際作業できる日数は16~18日程度

構成、デザイン、コーディングそれぞれ〇日、〇日、〇日かな

このようにそれぞれの工数にかけていい時間を見極めるのに必要だからです。

他にもwebの集客率やCVRの改善を考えるときにも必要な考え方なので有能なWebディレクターを目指すのであればこの考え方が出来るようにしましょう。

ネズミくん
ネズミくん

よし!今日から意識してみよう♪

有能なWebディレクターの特徴:トラブルに適切な対応が可能

有能なWebディレクターの特徴:トラブルに適切な対応が可能
いわゆるトラブルに強い人はとても有能です。

なぜなら

webの世界は技術の進歩が早くそれでいて複雑なため問題(バグ)が起こりやすくその分クレームやトラブルが発生しやすいからです

簡単に具体例を出しますと

当ブログを皆さんはどのような方法でご覧になられておりますか?

きっとパソコン、スマホ、タブレットといった端末を使いIE、firefox、chromeなど他にも数多くあるブラウザから見ていただいているところだと思いますが、恥ずかしながら当ブログはこれら全ての閲覧方法に合わせたレイアウトにはなっておりません。

理由は非常に簡単で、

それら端末やブラウザがそれぞれの方向に仕様を変化させているため全ての規格に常に適したものを用意すること自体がそもそも不可能だからです

今までのiPhoneだったら問題なく表示されていたのに、新しいiPhoneだとレイアウトが崩れてしまう。

なんてことはよくある話です。

レイアウトが崩れた原因が端末にあるのか、ブラウザに問題があるのか、どちらでもなくキャッシュが原因なのか

それに合わせて適切な対応を取れる人は有能なWebディレクターです。

問題が発生した場合は必ず発生した原因があるはずなので落ち着いて冷静に対応するようにしましょう。

ネズミくん
ネズミくん
おちついて、おちついて、お

最後に:有能なWebディレクターを目指そう

最後に:有能なWebディレクターを目指そう
いかがだったでしょうか。
もちろんデザインも出来るしコードも書ける、SEOもマーケティングも出来るし英語も喋れる。なんて人はとても凄い人だと思います。

ただ、有能なWebディレクターを目指すのであれば

おさらい

・課題解決までを逆算して考えられる
・トラブルが発生した際に適切な対応を取ることが出来る

この2点を出来るようにしましょう。

Webディレクターはクライアントと制作スタッフの中間に立つお仕事です。

そのため嫌でも評価にさらされるポジションです。無能というレッテルを貼られないように頑張りましょう!

Webディレクターは無能なのか?無能なディレクターをまとめてみました。
Webディレクターは無能なのか?無能なディレクターをまとめてみました。社内視点、クライアント視点で嫌われたり、使えない、無能のレッテルを貼られてしまうディレクターの特徴をまとめてみました。これを反面教師ににして今後の業務に活かしてくださると幸いです。
Webディレクターの私が成長するために行っていたことを解説
Webディレクターの私が成長するために行っていたことを解説します。プライベートの時間をどれだけ割けるかがポイントです。同僚より早く成長して出世するためには誰よりも勉強し行動することが大切です。高卒で未経験で入社した現役のWebディレクターが解説いたします。
【必見】Webディレクターを目指すロードマップ【まとめ記事】
Webディレクターを目指すためのロードマップです。有益な記事をまとめてみました。仕事の内容から流れ、働く意識や給料のことまで網羅しています。現役のWebディレクターが解説するので参考になる内容になっています。Webディレクターに興味のある方は要チェックです。
タケさん
タケさん

次の記事でお会いしましょう!

Webディレクターを目指すロードマップ
Webディレクター
タケ@Webディレクター

高校を卒業しマックで5年間バイト、約6年付き合った彼女にフラれ就職を決意しWeb業界に入る。
未経験特有のツラさみじめさを味わいつつも何とかスキルを吸収し生き残る。

Webディレクターやweb業界に関する情報を発信中!

タケ@Webディレクターをフォローする
Webディレクター
タケ@Webディレクターをフォローする
タケログ
タイトルとURLをコピーしました