\給与明細公開中/ \最新記事はこちら/

読者のストレスを減らす記事の書き方とは

ブログ・集客に関して
まず初めに
内容を分かりやすくして読んで下さる方のストレスを減らす記事の書き方を解説します。
タケさん
タケさん

読みやすい記事を心掛けています!

こんにちは。Webディレクターのタケです。

今回は私がブログを書く際に「心掛けていること」を解説したいと思います。

どうやったら読んでくれている人が途中で離脱せず、最後まで読んでくれるのかを気にして記事を書いていますか?

ブログを運営していて、記事の書き方に困っている。という方の参考になると思います。

それではどうぞ

心掛けていること:文法は気にせず分かりやすく

心掛けていること:文法は気にせず分かりやすく
正しい文法や表現を無視して書いています。

記事を作成する際にどうしても

あれ?これ日本語として正しいのかな?

って考えてしまい、ついつい正しい書き方に直す方って多いと思うのですが、読み返すと何だか説明口調のWikipediaのような文章になっていませんか?

私の感覚ですがそういう書き方だとロボットみたいで読みづらいんですよね。

私の感覚ですがそういう書き方は読みづらいと思うんですよね。

なので、私は口に出して読んでみたときに違和感を感じるかどうかを意識した書き方

いわゆる話し言葉で書くようにしています。

また、漢字やひらがな・カタカナが連続して続いてしまうとパッと見たときに読みづらく感じでしまうので表現を変えるときがあります。

例えば

○○○に関してははっきり言った

○○○に関してはハッキリ言った

こういった、ひらがな続きはもちろん

辛い思いをした

つらい思いをした

というように前後の文脈が無いと理解できない表現も減らすように心掛けています。

心掛けていること:適度に装飾と画像の挿入

心掛けていること:適度に装飾と画像の挿入
当ブログはスマホの読者が多いため、スマホで見た際の見やすさを重視しています。
※パソコンで読まれている方すみません。

具体的に何を行っているかというと、画面を文字だけで占有しないようにしています。

こちらが参考なのですが。
左が占有してしまっている、右が占有していない状態です。
※左が占有してしまっている、右が占有していない状態です。

どちらが読みやすそうでしょうか

作家さんのように人を惹きつける文章が書ける訳では無いため、文章だけではなく画像を挿入し記事に変化を付けています。

これがあると読者が適度に休憩出来るようになるんですよね。

字だけが続くとどうしても目が疲れてしまいますよね。

また、装飾も適度に入れています。

上のように文字を囲んでいるボックスと呼ばれるものを使用したり、文字を赤くしたりアンダーラインを入れたりしています。

ただ、入れすぎると逆に読みづらい記事を書いてしまう時もあるため要注意です。

当ブログでもし入れすぎてしまっている記事を見つけてしまったら生暖かい目で見守ってください。

最後に:ストレスの少ない記事を目指そう

最後に:ストレスの少ない記事を目指そう
いかがだったでしょうか。

この記事が読みづらかったら主旨と矛盾してしまっているため、その時は大変申し訳ございません。

ただサクッと気軽に読めるあっさりした内容になっていると思います。どうでしょう。

おさらいですが、

おさらい
文章は話し言葉で分かりやすく。適度に画像を挿入したり装飾を入れて見る人が疲れないようにすることを意識する。

ここを意識することで読みやすい記事が書けます。

あとは普段から読まれている記事の構成を参考にしたり、自分の記事を読んで違和感を感じるか確認し改善することをお勧めします。

Webディレクターの私がブログを書く理由
Webディレクターの私が何故ブログを書くのか理由を解説します。今同じように働いているサラリーマンやこれから副業を視野に入れている方に少し参考になる内容だと思います。一緒にブログを書いて見識を広げましょう。当ブログは高卒からwebディレクターになった私の経験や業界での働き方を解説しています。是非ご覧ください。
Google AdSense(アドセンス)に2記事で1発合格した話【2019年6月27日】
Google AdSense(アドセンス)に2記事で合格した話を解説します。合格する方法を参考にしたサイトや実施したポイントをかなり分かりやすくまとめて解説しております。最短で簡単に受かりたい方や中々受からず困っている方はぜひご覧ください。ブログ初心者必見の内容になっております。
【必見】Webディレクターを目指すロードマップ【まとめ記事】
Webディレクターを目指すためのロードマップです。有益な記事をまとめてみました。仕事の内容から流れ、働く意識や給料のことまで網羅しています。現役のWebディレクターが解説するので参考になる内容になっています。Webディレクターに興味のある方は要チェックです。
タケさん
タケさん

読んでくれる人が退屈しないように!ここを意識しましょう!

タイトルとURLをコピーしました