\Twitterはこちら/ \最新記事はこちら/

【未経験者は必読】Web制作会社に入ったら意識するべき3つのこと

Web業界での日々
タケさん
タケさん

業界未経験で就職する人に向けて記事を書いてみました

ネズミくん
ネズミくん

なにすればいいのかな

タケさん
タケさん

明日から職場で試せる内容だからネズミくんも見ておいてね

こんにちは。
訪問ありがとうございます。
現役Webディレクターのタケです。
業界未経験で就職し、働き始めて5年目になりました。

私が勤めている会社では業界未経験の方でも採用する傾向があり、その中でも新卒組や中途組がいます。

どの組も全員未経験なので、スタートラインは一緒のはずなのですが、数か月経つと成長する人停滞気味な人で差が出てきます。

元々頭の回転が早いだとか、センスがあるから伸びるという理由で差が出てくるものだと思っていたのですが、

どうも違うようでした。

では理由はなんなのか。過去の自分を振り返り考えてみたところ3つの共通点を見つけることができました。

それは

今回は新人向けに意識してほしい上記3つのことについて解説したたいと思います。

それではどうぞ

意識①:未経験者は毎日Webに触れてください【隙間時間を利用】

意識①:未経験者は毎日Webに触れてください【隙間時間を利用】

Webに触れる。どういうことかというと

インターネットサービスを利用してくださいということです。

 

ただ、自分の趣味のために利用してほしいわけではなく、勉強も兼ねて色々なサービスを利用してみてください。

例えば、SNSを実際に始めてみてどういう発信を行えばユーザーが反応するか研究したり
Webデザインやコーディングを独学するために情報サイトにアクセスし知見を増やしたりするなど、あくまで本業に活かせるようにWebに触れてみてほしいです。
本業に活かせるようにWebに触れてみてほしいです。
勉強するためにソフトが必要になってくる場合もあります。もし購入代が工面できないのであれば見識を広げるために情報を蓄えるだけでもいいでしょう。その蓄えた情報を会社の先輩に話したりするとやる気が伝わるかもしれません。

もしくはお昼の時間や寝る前にTwitterで発信してみるのもいいかもしれません。

隙間時間を可能な限り利用してWebに触れ知見を増やしましょう。自分の生活の一部に取り入れてみることをおすすめします。

【未経験歓迎を鵜呑みにするな】つらい思いをするのでWebディレクターは努力あるのみ
求人に書いてある未経験歓迎を鵜呑みにしてはいけません。現役Webディレクターのタケが鵜呑みにしてはいけない理由を解説します。現場スタッフと人事担当の視点から鵜呑みにしてはいけない理由を論理的に解説します。

意識②:どんな仕事でも率先してやる【怖がっている場合じゃない】

意識②:どんな仕事でも率先してやる【怖がっている場合じゃない】

業界未経験問わず、新人はどんな仕事でも率先して取り組みましょう。

もしかしたらミスしたら怒られるからやりたくないなぁと考える人も中にはいるかと思いますが、

安心してください。

その感情は間違っていないです。
ただ残念ながら、やらなかったらその分覚えられないし伸びないのも事実です。

あまりに理不尽な例を除いて、怖くても挑戦してみましょう。

あなたからすると無理な内容に思える仕事でも先輩はある程度期待を込めて依頼してくれているはずなので、気持ちを汲んで挑戦してみましょう。

もしかしたら色々やらせてみて適性を見極めたいという考えがあるのかもしれません。

ともかく、まずは挑戦して色々吸収しましょう。ミスの許される新人のうちにトライ&エラーです。

Webディレクターの仕事内容ってご存知ですか?【これからWebディレクターを目指す方へ】
Webディレクターの仕事内容ってご存知ですか?これからWebディレクターを目指す方に向けて仕事の内容を5つにまとめてみました。未経験からWebディレクターになって現役で活躍している管理人が解説いたします。実体験も書いてあるので必ず参考になる内容になっています。

意識③:コミュニケーションを積極的にとる【気に入ってもらえることが大切】

意識③:コミュニケーションを積極的にとる【気に入ってもらえることが大切】

プライドを捨てて媚を売りなさい。

というわけではありませんが積極的にコミュニケーションを取りましょう。

 

なぜなら会社に勤める以上必ずついて回る対人関係を良好にするためには必須だからです。

しかも新人なら先輩や上司が面倒を見てくれるので、尚更対人関係が重要になってきます。

あなたがもしも教える立場だったとして下記のような新人がいたらどちらを可愛がりたいですか?

Aさん

・必要最低限の会話
・仕事に対して消極的
・普段から何かそっけない

Bさん

・無駄口もあるが会話が多い
・仕事に対して積極的
・口下手だが積極的に絡んでくる

あなたが教える立場の先輩ならどちらを可愛がりたくなるでしょうか。

もちろんAさんやBさんどちらも悪くもないですし、先輩なら等しく教える義務があります。

ただ、多くの人間がBさんを可愛がりたくなるのではないでしょうか。
もし、あなたが体調を崩している時に気を遣ってくれそうなのはどちらでしょう。

あなたが普段吸っているたばこの銘柄を覚えていそうなのはAさんとBさんどちらでしょう。

恐らくBさんだと思います。
心のどこかで認められ可愛がってくれるようになります。
そういう風に相手に思ってもらえるように立ち回ることで、心のどこかで認められ可愛がってくれるようになります。

もちろん、Aさんのような形でも何も悪くはありません。人づきあいが苦手だったり、慣れない環境なので上手くいかずそれどころじゃない人もいます。

ただ、可能なら積極的にコミュニケーションを取ったほうが自分のためになることが多いのでちょっと大変でも騙されたと思って先輩や上司に絡んでみてください。

Webディレクターに本当に必要なスキルは1つだけです。他は後からついてきます。
Webディレクターに必要なたった1つのスキルを紹介します。Webの常識や、デザインやコーディング。マーケティングスキルやSEOスキルは後から必要なだけで、最初は必要ありません。

目標:3つの要素を意識して自分の居場所を確立しよう【働きやすくなります】

目標:3つの要素を意識して自分の居場所を確立しよう【働きやすくなります】

最終的に自分の居場所を確立しないと、会社に居づらくなり息苦しい思いをすることになります。

私はかなりの不器用だったため、2年近く息苦しさを味わいました。ほぼ毎日泣いてました。いい年こいて。。

今思えば、実力もないのに変なプライドを持ってしまっていたことが原因だったかと思います。

毎日勉強し、どんな仕事でも挑戦してみましょう。先輩や上司にはドンドン絡みに行って可愛がってもらってください。

そうすることで、仕事も任せて貰えますし失敗したときに守ってくれます。

自分の居場所を確立するためにも3つの要素を意識して働いてみてはいかがでしょうか。

【必見】Webディレクターを目指すロードマップ【まとめ記事】
Webディレクターを目指すためのロードマップです。有益な記事をまとめてみました。仕事の内容から流れ、働く意識や給料のことまで網羅しています。現役のWebディレクターが解説するので参考になる内容になっています。Webディレクターに興味のある方は要チェックです。
【Webディレクター】未経験で入社した私が苦労したこと
制作会社に未経験で入社した私が苦労したことを解説します。ソフトの使い方、ビジネスメールの送り方等、何も学んでこなかった私は本当に苦労しました。これから未経験で就職を考えている方はこの記事を読んでおいて事前に準備をして就職に臨みましょう。現役Webディレクターの苦労した経験談です。
【Webディレクター】私が独り立ちできた瞬間とは
Webディレクターの私が独り立ちできた瞬間を解説します。会社で1番大きいクライアントの窓口を担当した時、上司がいなくなったとき。この2点が私が独り立ちできたと実感できた要因となっています。高卒で未経験ながらも独り立ちさせていただいた会社に感謝したいと思います。現役のWebディレクターのリアルな声を届けます。
タケさん
タケさん

可愛がってもらえるように積極的に絡んでみよう!

ではまた♪

Webディレクターを目指すロードマップ
Webディレクター
タケ@Webディレクター

高校を卒業しマックで5年間バイト、約6年付き合った彼女にフラれ就職を決意しWeb業界に入る。
未経験特有のツラさみじめさを味わいつつも何とかスキルを吸収し生き残る。

Webディレクターやweb業界に関する情報を発信中!

タケ@Webディレクターをフォローする
Web業界での日々
タケ@Webディレクターをフォローする
タケログ
タイトルとURLをコピーしました