【毎日勉強】Webディレクターの私が勉強に使っているサイト【7選】

Webディレクターは勉強あるのみ!参考サイト

こんにちは。
現役Webディレクターのタケです。

皆さん自分の見識を広げるために毎日情報集めたりしていますか?
Web業界に身を置いているなら、制作をしない人間でも勉強しておいたほうがいいです。

今回は勉強しておいたほうが良い理由と私が普段からチェックしているサイトを7つご紹介したいと思います。

それではどうぞ

Webの勉強をしておいたほうが良い理由:仕事の幅が広がるから

Webの勉強をしておいたほうが良い理由:仕事の幅が広がるから

WebディレクターはWeb制作を行うことが少ないので、デザインの作り方やソースの書き方をキチンと把握しておく必要は少ないです。

ただ、無知ではいけないです。理由は簡単で

・作業指示が上手くいかないから
・案件のボリューム把握が難しいから
・クライアントや業者との会話についていけないから

例えばバナー作成の案件を請け負った場合、案件を進めるにあたって何が必要になるかお分かりになりますでしょうか。

バナーのトンマナに希望はないのか、参考デザインはどれだろう。枚数は?サイズはそもそも何だろう。広告に出稿するのか?

などなど、他にも訴求はどうするか?とか納期はいつまでだろう。といった感じで色々な情報が必要になってきます。

例えばあなたが未経験者でこういった見識が無いのであれば、事前に【バナー制作に必要な情報】といった感じで調べておくと仕事がスムーズに進みそうですね。

そういった知識があることで作業の指示出しが上手くなり、その案件のボリューム等を的確に判断できるため無駄なコストを減らしつつ案件を効率良く進められるようになります。
また、クライアントや業者と会話をする時に制作が絡む話題はよく出てきます。
また、クライアントや業者と会話をする時に制作が絡む話題はよく出てきます。その時に喋れないとクライアントの信用は落ちてしまいますし、業者からは下に見られてしまう可能性があります。

信用が落ちた結果、限られた仕事しか得られなくなってしまう可能性があるので、空いた時間を利用してどんどん勉強して見識を広げましょう。

Webマーケティングを学ぶなら:ferret

マーケターのよりどころ「ferret」
ferretは「マーケターのよりどころ」をコンセプトとしたWebマーケティングメディアです。 Webマーケティングやマーケティングに関する情報だけでなく、マーケターが新たな可能性を 見つけるための求人コンテンツ「job ferret」も掲載しています。

Web業界にいる以上、マーケッターと絡む機会はかなり多いです。そのためマーケティングの知識があると会話についていくことが出来ますし、他のWebディレクターより頭1つ抜けて評価されやすくなります。

今後のキャリアアップを考えているならWebマーケティング武器になるので空いた時間を利用して勉強しておくといいでしょう。

ferretさんはマーケティング系の情報を多く発信されているのでオススメのサイトです。

マーケティング・広報・宣伝・ブランディング、似ているようで違うその目的とは
マーケティングに携わっている方は、ご自身の業務や役割をどのように説明していますか?マーケティングにはビジネスにおける市場づくりのための市場・競合調査や商品開発、販売戦略、それに付随する企業やサービスの価値・ブランドを高める活動などがありますが、ここに関連する役割が広報(PR=パブリックリレーションズ)、宣伝、ブランディ...

webサイトの構築を学ぶなら:coliss

コリス
Web制作に関する最新の情報をご紹介

webサイトの構築に関して学びたいならcolissさんがおすすめです。デザインやコードの書き方の紹介はもちろん勉強になりますが、ライセンスフリーの素材なんかも定期的に公開しているので制作スタッフに教えてあげてもいいかもしれません。

サイトみて勉強しているんだ。と周囲のスタッフも気にしてくれるので一目置いてくれるかもしれませんね。

コリス
Web制作に関する最新の情報をご紹介

UI・UXデザインに関して学ぶなら:UXミルク

UX MILK
UX MILKは国内外のUX情報を毎朝お届けする、全てのクリエイターのためのUXメディアです。デザイン、プログラミング、マーケティングなど、ウェブやアプリづくりにまつわる様々な情報を配信しています。

クリエイター向けの情報サイトですね。主にUI・UXデザインに関しての情報を発信しています。

UI・UXデザイナーは今後需要が増していくのでデザイナー志望の方もチェックしておくといいでしょう。サイトもシンプルなレイアウトなので読んでいてストレスが無いのでその点もおすすめです。

7つの事例で学ぶ白ベースのWebデザインにおけるポイント
Webを取り巻く技術の進歩で、グラデーションやシームレスな背景パターンなど、Webサイトをカラフルに彩る技術も発達していますが、いまだに根強い人気を誇るのが「白…

webサイトを基礎の基礎から学ぶなら:webliker

webliker | web好きを生産するオウンドメディア
駆け出しのwebデザイナーのためにwebサイトの作り方やhtml・cssの勉強法ついてわかりやすく解説しています。そのほかにもweb制作に関わる人が知っておくと得をするような情報も発信していきます!

htmlやcssを学ぶことが出来るのですが、そもそもホームページの仕組みから解説して下さっているサイトです。

レイアウトも整っておりますし、図解も大変分かりやすいのでWeb業界未経験の方は目を通しておきましょう。

入社したばかりの新人に読ませてみたいと思いました。

【基本のき】ホームページの仕組みをイラスト付きでまるっと解説!
ホームページが表示される裏側の仕組みを知っていますか?本記事ではインターネットの基礎とwebサイト/ホームページの関係、また表示される仕組みをイラスト付きで丁寧に解説しています。

取引先にECサイト系がいるなら:ECのミカタ

ECのミカタ|ネットショップ運営を支援するビジネスポータル
ネットショップ運営を支援するビジネスポータル「ECのミカタ」。手間をかけずに、貴社ネット通販事業の収益性・業務効率性を高めるヒントを手に入れることが出来ます。

EC・ネットショップ・通販サイトに関して多数の情報を掲載しているのが、このECのミカタさんです。

取引先にこの業界がいないなら勉強する必要は少ないですが、もしいるなら目を通しておきましょう。

クライアントがチェックしていたら話を合わせることができますし、クライアントが抱えている悩みを解決する手段が掲載されているかもしれません。

要チェックです。

ショッピングアプリの利用率は約6割 スマホアプリ利用実態をまとめた『App Ape モバイルマーケット白書』が公表される|ECのミカタ
App Ape モバイルマーケット白書によると、日本のスマホユーザーが所持するスマホアプリ(2018年1月〜12月)は約82個となった。その一方で利用アプリ数は約25個と利用率は約30%にとどまった。 | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。

SEOの最新情報を掴んでおきたいなら:海外SEO情報ブログ

海外SEO情報ブログ | 海外発の検索エンジン最新情報を配信するSEOブログ
海外発の検索エンジン最新情報を配信するSEOブログ

SEOに関して最新情報を掴んでおきたいなら海外SEO情報ブログがおすすめです。
業界ではかなり有名な情報ブログです。SEOコンサル業者も見ている程です。

例えばクライアントの運営しているサイトのアクセスが極端に下がってしまった場合、どんな原因が考えられるでしょうか。

もし、あなたがSEOに関して無知なら答えは見つからないかもしれません。
ただ普段からアンテナを立てて勉強しておけばGoogleのアルゴリズムの変化が原因かもしれない。といった発想にたどり着くと思います。

そういったアルゴリズ変動の情報もこちらのブログでは掲載しているので毎日チェックしておきましょう。

Google、新しさが重要なクエリにはより最新の強調スニペットを表示するアルゴリズム更新を実施 | 海外SEO情報ブログ
「新しさ」が重要なクエリに対してはより最新のコンテンツを検索結果に表示するアルゴリズム更新を Google は今年 2 月に実行していた。主に、強調スニペットの生成に影響する。

クリエイター向けの制作関連なら:Webクリエイターボックス

Webクリエイターボックス
WebデザインやWebサイト制作、最新のWeb業界情報などを紹介していくサイト。

クリエイター寄りの制作を学びたいならWebクリエイターボックスがおすすめです。
colissさんと少し似ていますが、デザインやコーディング、フォント、無料素材の配布を行っているサイトです。

定期的にTwitterで情報を発信していて、反響の良かったものをまとめてサイトで発信しているので、定期的にチェックしてみるとクリエイターが喜ぶ情報が掲載されていたりします。

Twitter 人気のつぶやき 8/3〜8/16 2019
WebクリエイターボックスのTwitter: @webcreatorboxでは毎日Webに関する記事や美しいデザイン・写真などを紹介しています。その中で今週人気だったつぶやきトップ10を紹介します。見逃してしまった人はこ

最後に:Webディレクターとか関係無しに勉強必須

最後に:Webディレクターとか関係無しに勉強必須

以上、7つ簡単に紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

担当している案件によっては参考にならないサイトもあったと思います。あなたが担当しているクライアントや勤務先の状況を見て勉強するものを変えてもいいですし、自身の長所を伸ばす勉強でもいいと思います。

どちらにしてもWebディレクターは関係無しにWeb業界に身を置くなら勉強は必須ですね。

ネズミくん
ネズミくん

動画配信サイトでダラダラ時間を潰さないようにしないと。。。

タイトルとURLをコピーしました