\Twitterはこちら/ \最新記事はこちら/

【未経験歓迎を鵜呑みにするな】つらい思いをするのでWebディレクターは努力あるのみ

Web業界での日々
タケさん
タケさん

だいぶ熱を込めて書かせてもらいました

 

ネズミくん
ネズミくん

経験者は語る。だねタケさん

 

タケさん
タケさん

未経験者歓迎は甘い言葉だけど現実は甘くないです。

こんにちは。
現役Webディレクターのタケです。

今回はよく求人に書いてある【未経験歓迎】を鵜呑みにしてはいけないことをテーマに解説したいと思います。

 

Webディレクター問わず、Webデザイナーやコーダーの求人を見ると

未経験歓迎
未経験可

ってよく書いてありますよね。

 

未経験でこれから就職しようと考えている方からすると救いの言葉だと思います。

 

私自身、こういった募集が無ければ就職出来ていなかったと思うので今の勤務先には大変感謝しております。

ですが、その言葉を鵜呑みにし就職した結果、痛い目にあった事実もありますので今後同じような被害者が増えないように何故鵜呑みにしてはいけないかを論理的に解説したいと思います。

 

スキル無しの状態で就職したからつらい思いをするのは当たり前では?

と考える方もいるかと思いますが、本当の問題はそこではありません。

つらい思いをする最大の原因は対人関係

未経験者歓迎って聞いたのに周囲が歓迎してくれない

いやいや、知ってるよ。

という方もいらっしゃると思います。

ですがもしかしたら

スキルの無い状態で就職した結果、仕事がうまくいかず周囲から見放されている感覚を強く感じるから

とお考えでしょうか。

 

それはそれで間違ってはいないと思いますが、正確ではありません。

 

なぜならスキルが無い状態、仕事もうまくできない。だけど、周囲からは見放されていない人も中にはいますよね?

上司、先輩が手厚くフォローしてくれる環境があるなら、スキルが無い状態でもつらい思いってされていないと思います。

上司がしっかり教育するので未経験者でも大丈夫です

じゃあ上司や先輩が全ての原因なのか。というと実はそういう訳でもありません。

 

では何がいったい原因なのか、それは雇用する側と現場側で意識のズレがある状態で人を雇うのが原因なのです。

雇用側と現場側の意識のズレとは?未経験がつらくなる最大の原因

雇用側と現場側の意識のズレとは?未経験がつらくなる最大の原因

解説を行うにあたり、いちど雇用側の立場になって想像をしていただきたいです。

新しく人を雇用することで生まれるのメリットだけではありません。
人件費というデメリットも生まれてしまいます。

雇用する側からすると、かかるコストは出来るだけ抑えたいと思うのは当然ですよね?
では、未経験者と現場経験のある人間のどちらが人件費が安く済みますでしょうか。

 

答えは簡単です。そうです未経験者です。

能力が無い分、それに見合った給与を支払うだけで済みます。また、未経験者で応募してくる人間は就職に必死なので、就職させれば長く会社に残ってくれる可能性が高いです。

経験者の場合は

能力に見合った分の給与を払う義務があります。また、いざという時に簡単に辞められてしまう傾向があるので、辞められた際に雇用側はまた採用を行うリスク(コスト)が発生します。

雇用側の考えは理解できましたでしょうか。

 

ではここで次に、実際に働いている現場側の立場に立って想像してみてください。

現場の人は未経験者と経験者どちらと一緒に働きたいと思いますか?

そうです、簡単ですよね経験者です。

理由は言うまでもなく、教育する手間が無いし即戦力だから

これに尽きると思います。

 

もうお分かりになったかと思いますが、

・費用と今後を見越して採用する雇用主
・即戦力がほしい現場側
・未経験者歓迎と聞いて就職したあなた

こういった意識のズレがあるため、結果的に

 

教えないと出来ないの?使えないな
社員なんだから言われなくても勉強して来いよ

 

即戦力が手に入らず、教育を行わないといけない現場側から上のような扱いをされる羽目になってしまうのです。
※ただの八つ当たりです

未経験者歓迎って聞いたのに周囲が歓迎してくれない

ただ最初のほうに書いたように、スキルが無くても問題にならない場合もあります。
それは現場側が未経験でも大丈夫だから雇ってほしい。と考えている場合のみです。

ただ、これは稀なケースでありますのであまり期待は出来ないです。

未経験者でも問題無く歓迎しているのはあくまで、雇用主側ということを覚えておいてほしいです。

未経験者がやれる努力とは。現役Webディレクターが解説します

未経験者がやれる努力とは。現役Webディレクターが解説します

では、業界経験も無い方がこれから生き残っていくためにどんな努力が必要が解説します。
それは

・コミュニケーションを細かく取る
・日々勉強し可能な限り発言

冷たい対応をされると、こっちからコミュニケーションを取るのも嫌になってしまうと思います。

ですがそこはプライドを捨てて自ら接するようにしましょう。内心イラつくことも絶対に出てくると思いますが、せっかく就職したのならスキルを盗みきるまでは頭を下げ続けましょう。

会社はあくまで踏み台として考えて接すれば気持ちも軽くなります。

会社はあくまで踏み台として考えて接すれば気持ちも軽くなります。

また追いつくために帰宅後疲れていても勉強しましょう。

そこで得た知識を出来るだけ上司や先輩に報告してみるのもいいと思います。

最初は笑われてしまうかもしれません。恥ずかしい思いもするでしょう。私もかなり笑われました。

ただ、そういった行動をすることで自身の知識・スキルも伸びやすくなりますし、評価されるきっかけにもなります。

 

もしプライドが邪魔をし、捨てられないのであれば、捨てなくてもいいので一旦その場に置いて、自分が成長したら拾ってみてはいかがでしょうか。

 

まずは、つらくても恥ずかしくても努力あるのみです。

【必見】Webディレクターを目指すロードマップ【まとめ記事】
Webディレクターを目指すためのロードマップです。有益な記事をまとめてみました。仕事の内容から流れ、働く意識や給料のことまで網羅しています。現役のWebディレクターが解説するので参考になる内容になっています。Webディレクターに興味のある方は要チェックです。
【未経験者は必読】Web制作会社に入ったら意識するべき3つのこと
未経験者が入社後に必ず意識してほしい3つのことを解説します。高卒未経験からWebディレクターとして働いているタケが解説します。未経験者は「先輩にかわいがられること」「どんな仕事でも率先して行うこと」「自分の居場所をつくること」を意識して頑張ってもらいたいです。
【業界未経験必須】Web未経験者が会社を辞めずに生き残る1つの方法【実体験】
Web業界未経験者が会社で生き残る方法を説明します。私は未経験から入社しWebディレクターというポジションを任されています。そんな私が入社してから心掛けた1つのことを解説したいと思います。

 

タケさん
タケさん

最初は本当に大変なので努力あるのみです。

裏ワザやテクニックはありません。大変だと思いますが私はあなたを応援しています。無理の無い範囲で頑張りましょう!

ではまた次回お会いしましょう。

 

 

Webディレクターを目指すロードマップ
Webディレクター
タケ@Webディレクター

高校を卒業しマックで5年間バイト、約6年付き合った彼女にフラれ就職を決意しWeb業界に入る。
未経験特有のツラさみじめさを味わいつつも何とかスキルを吸収し生き残る。

Webディレクターやweb業界に関する情報を発信中!

タケ@Webディレクターをフォローする
Web業界での日々
タケ@Webディレクターをフォローする
タケログ
タイトルとURLをコピーしました